コラム

不倫をする女性としない女性の特徴と違い

世間一般では「いけない事」と認識されている不倫ですが、当然世の中の全ての女性が不倫をする訳ではありません。

こちらでは不倫をする女性と不倫をしない女性それぞれの特徴や共通点、違いを紹介していきます。

不倫をする女性の特徴

不倫をする女性はどのような特徴を持っているのか見ていきましょう。

案外、「こんな女性が不倫をするんだ」と意外に思うかもしれませんね。

恋愛体質の女性

独身の時から常に彼氏がいる女性や、好きな人がいる女性は不倫をしやすい傾向にあります。

結婚を機に恋愛とは無縁になってしまう女性が多い中、このようなタイプの女性は常に「恋をしていたい」と思うものです。

恋愛をする事によってトキメキやドキドキ感を感じる事ができますが、その感覚を楽しみ、例え自分が既婚者であってもそういった感覚を求めてしまいます。

また、好きになった人が既婚者であっても関係なく、「ドキドキしたい」という気持ちが強いため、必然的に不倫に発展してしまう事があります。

元々恋愛体質の女性は、自分の趣味や家庭の事よりも、まず「恋愛」の優先順位が高いので、自分がしている事が不倫であっても関係なく、不倫恋愛を進めてしまう事があります。

流されやすい女性

いつでも人の意見に従ってしまう女性は「YES」としか言えない場合があります。

見方を変えれば「優しい人」と言う事ができますが、反対に「どんな事もOKしてしまう」と言う事もできます。

なので、既婚男性に言い寄られたり、あなたが結婚している場合に他の男性に言い寄られたりすると、不倫が悪い事と頭では分かっていても断る事ができない場合があります。

案外見た目は普通で真面目な女性ほど流されやすい事もあり、「こんな人が不倫をするの!?」というような人でも不倫をしている場合があります。

心が満たされてない女性

女性に限らず男性でも心が満たされていないとどうしても「癒し」や「安らぎ」を求めてしまうものです。

それが自分の趣味や家族で補えるなら良いのですが、不倫相手にそういった居心地の良さを感じてしまうと、自然と不倫から抜け出せなくなってしまうのです。

女性側が結婚している場合、家庭が上手くいっていなかったり、旦那さんに対して愛情がなくなってしまっている場合は、その状況で他の男性に言い寄られるとコロっと気持ちを持っていかれる事があります。

やはり人の心を満たすのは結果的に人になってしまう場合が多いので、寂しさを感じていたり現状に満足できていない場合は、不倫に発展してしまう可能性が大いにあります。

自分に自信がある女性

容姿がそれなりに整っていたり、周りからちやほやされたりした経験がある女性は「自分はモテるタイプだ」と自信を持っている可能性があります。

独身時代に彼氏が常にいたり、周りから言い寄られる事が多かった、ナンパされる事が多かったといった女性は必然的に自分の価値を高く想定しているでしょう。

そんな女性は、例え結婚していても周りからちやほやされたがりますし、常にモテていたいと感じる事があります。

「独身時代のようにモテたい」と感じるが故に、旦那さん以外の男性に言い寄られる事を「気持ち良い」と感じ、そこから不倫恋愛に発展してしまうのです。

また、既婚男性と不倫に至る場合には、「私の方が奥さんよりも勝っている」という考えの元、その男性を手に入れようと躍起になってしまう場合もあります。

自分に自信があるからこそ、たとえ不倫であってもモテたいという気持ちを最優先させてしまうのですね。

見た目が少し地味な女性

不倫をする女性は派手だったり、遊び人に見られるような人が多い気がしますが、意外とそうではない場合が多いです。

「顔は可愛いのに服装が微妙」「服装は完璧なのに顔が惜しい」といった少し見た目が惜しい感じの女性が案外不倫に走ってしまうのです。

そういった女性は周りからちやほやはされないものの、一定の男性から好意を持たれる事が多く、アイドルで言うと「地下アイドル」のような存在です。

自分の容姿にコンプレックスを持っていたり、「もっと可愛くなりたい」と思っている女性ほど、自分を買ってくれる男性に対して好意を持ちやすく、不倫に発展しやすいと言えるでしょう。

不倫をしない女性の特徴

不倫をする女性の特徴を紹介してきましたが、今度は不倫をしない女性の特徴を見ていきましょう。

不倫をする女性と、どのような違いがあるのでしょうか。

自分と他人を大切にできる女性

不倫をするという事は、必然的に誰かしらを傷つけてしまうという事になります。

あなたが結婚していれば、不倫がバレた時には旦那さんや子供、両親に深い悲しみを与える事になりますし、怒りを買う事もあるでしょう。

不倫相手が結婚していれば、相手の奥さんや家族を悲しく、やるせない気持ちにさせてしまいます。

不倫をするという事はリスクがあるだけではなく、人の気持ちを踏みにじる行為なので、そういった事を認識していれば、普通は好んで不倫をしようとはしないはずです。

「不倫をすれば誰かが傷つく」と、他人の事を考えられる優しい女性は自ら進んで不倫をする事は少ないでしょう。

また、不倫をすれば自分も傷つく事になる可能性もあるので、自分の事も大事にできる女性は、進んで不倫をする事はありません。

不倫された経験がある女性

過去に旦那さんに不倫された経験がある女性は、自分がその時に感じた辛く悲しい気持ちを思い出す事でしょう。

自分が感じた辛さや悲しさがあるからこそ、「自分も不倫しよう」となる事はまずないと思うので、案外不倫された経験がある女性の方が不倫をする確率は低いです。

自分がされて嫌な事は人にはしないと思える女性は進んで不倫をする事はないでしょう。

しかし、逆に「旦那が不倫して辛かったから同じ気持ちを味あわせてやろう」と仕返しを考えてしまう事もあり、そういった場合は不倫に発展してしまう可能性があります。

嘘をつけない女性

「女性は皆嘘をつくのが得意」と言われていますが、中には嘘をつくのが苦手な女性も当然います。

もし嘘をつけたとしても、罪悪感に苛まれて結局正直に話してしまうような女性は不倫をする事はないでしょう。

不倫はパートナーにはもちろん、周りの人にバレてはいけない秘密の恋愛です。

会うにしても連絡を取り合うにしても絶対に秘密にしておかなければいけませんし、秘密が積み重なっていく訳ですが、それが心苦しいと感じる女性は、好んで不倫をする事はないでしょう。

「不倫をして嘘を重ねる事になる」と予測できるため、わざわざ自らしんどい思いをしたくないと思うからです。

心が満たされている女性

家族との関係が上手くいっていたり、自分の趣味や仕事が楽しいと感じているような、日々充実した生活を送れている女性は、基本的に不倫をする事は少ないです。

毎日が満たされているという事は心が満たされているという事につながり、わざわざリスクがある不倫をする必要がないからです。

不倫は、一般的にやはり「しんどそう」「リスクが高い」というような、マイナスのイメージが大きいですが、そんなしんどい恋愛をわざわざする必要がなければ、日常の中に「不倫」という文字が生まれる事はないでしょう。

それぞれの違いについて

不倫をする女性と不倫をしない女性について紹介してきましたが、やはり不倫をするという事は、「満たされていない」場合が多いです。

満たされていないと言っても色々な種類があり、心が満たされていない場合もあれば、体が満たされていない場合もあります。

寂しさを感じていたり、人恋しかったり、セックスレスであったり、仕事や家庭に対してイライラがあったりと、何かにつけて不満がある人は不倫をしてそれらを解消しようとするのです。

確かに、「いけない事」をすれば罪悪感はあるものの、背徳感や満足感、充実感、幸福感、優越感など日常では感じられない様々な感情を感じる事ができます。

普段の生活で満たされていない人は、不倫をする事でそういった非日常な感覚を味わう事ができる事を期待して、不倫という禁断の果実を味わいたいと思ってしまうのですね。

まとめ

不倫をする女性の特徴は現状に満足できていない女性、地味目な女性、心が満たされていない女性などです。

一方、不倫をしない女性の特徴は、自分と他人を大切にできる女性、不倫された経験がある女性、心が満たされている女性です。

両者の一番の違いは「満たされているかいないか」であると言えるでしょう。